2015年12月19日

2015年印象に残ったアニメ(劇場版)

 今年見た劇場版アニメは豊作だった印象です。

「ガールズ&パンツァー劇場版」

 正直一度見ただけでは何やってるのかわからない部分があるくらい濃縮された戦闘シーンがこれでもかこれでもかと詰まってて、本当にびっくりしました。

 一度は劇場で見ておいた方がいいと思います。あの迫力はなかなか自宅でBDみるだけでは伝わらないと思う。

 ストーリー自体は奇をてらったことをせず、ただただひたすら戦車道における戦車戦をオールスターでやりたい! という思いと愛が昇華されるとこうなるのだなーという作品でしたね。自分たちの表現したいものとファンサービスが見事に合致していたと思います。最初の大洗エキシビジョンですごい時間を使ってるので、これクライマックスの方大丈夫なんじゃろかという薄い不安が全くの杞憂でした。

 今回新規で出てきたキャラや高校が、「なんかスピンオフ作品読んでないとわからないのかな?」と思うくらい立ってたので、またなんらかの形でこの世界のお話を見てみたいですね。

ガールズ&パンツァー 劇場版 オリジナルサウンドトラック
浜口史郎 ボコ(藤村歩)
ランティス (2015-11-18)
売り上げランキング: 12


 TV版にしても劇場版にしてもサントラのマーチングバンドジャケット絵が大好きです。


「蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ カデンツァ」

 こちらも濃厚な戦闘シーンをたっぷり楽しむことができ、「お約束だけどこの展開が見たかった! 熱い!」という想いを満たしてくれた素晴らしい完結編でした。原作とは違う筋道を行きながらも各種原作要素をうまく交え、アニメオリジナルのストーリーとして見事にまとめあげた恵まれたアニメだったと思います。
 正直この作品で完結までさせるとは思っていなかったので、いい意味で裏切られました。

 生徒会各艦の戦闘時の個性も素晴らしい。艦船がドリルでバトル(物理)するとか笑うしかないw
 メンタルモデル達ばかりでなく、伊401の人間クルーたちにもそれぞれちゃんと見せ場を用意しているあたりも丁寧で好感をもちました。

Blue Destiny
Blue Destiny
posted with amazlet at 15.12.17
Trident
フライングドッグ (2015-09-16)
売り上げランキング: 5,056



「ARIA The AVVENIRE」

 BD-BOX発売に合わせて新規に作られたエピソードを劇場上映したもの。

 作中でもリアルでも時間が経ったとしても、アイちゃん世代の新キャラが出てきたとしても、アテナ先輩役の川上とも子さんが亡くなられているとしても、ARIAはARIAなのだなぁという大きな安心感に包まれた作品でした。あらあらうふふ。

 ARIAは心のオアシスです。
 来世はネオ・ヴェネツィアに生まれたいです。

ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
松竹 (2015-12-24)
売り上げランキング: 79


 
posted by 八十重 at 04:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。